新しい記事

海釣り

アジングのタックルと釣り方

ルアーフィッシングの世界ではアジ釣りとは言わずアジングと言います。 他のジャンルでも同じようにジグを投げる釣り方はジギング、エギを投げる釣り方はエギングと言われ、それぞれが人気のジャンルになっています。 ※普通の人にはアジ釣りが一番伝わりやすいです。 アジングはその中でも最も繊細な釣り方です。 ラインも細く、ルアーも軽いので荷物も小さくコンパクトです。 仕事帰りに海に寄って釣ってから帰るなんてことも出来ます。 そんなアジングのやり方や必要なものを見ていきましょう!   アジングの基本的なタックル まだ釣りをしたことがない方や海の釣りに慣れていない方はこの組み合わせから始めると良いでしょう。 アジングでは主にソフトルアー(ジグヘッドとワーム)が使われます。 投げるものが軽量なのでライン(釣り糸)も細く、竿もそれに対応したものとなります。 ルアーフィッシングでは竿の長さはフィート(ft)で表示されていることが多いです。 慣れないうちは箱の横にメートル法で長さが書いているのでそちらを見ましょう。 Google検索で「7フィート」と打つと変換してくれたりもします。 5.5~7フィートは168~213cmくらいです。 あまり短いと飛距離が出にくいので6フィートくらいから始めても良いかもしれません。 ラインはナイロンラインかフロロカーボンラインの1.5lb~3lb(ポンド)が適しています。 ポンドは釣り糸の耐荷重量で、太さと比例しています。 >>ラインの号・ポンド・kgの換算表はこちら ナイロンとフロロの違いは比重と硬さです。 一般的にナイロンラインよりもフロロカーボンラインの方が重く、水に沈むため底の方も探ることが出来、なおかつ硬いので魚がつついたりすると振動が伝わってきやすいです。 ジグヘッドは0.8~1.2gくらいがよく使われます。 軽すぎて投げにくい場合は1.5gくらいでも良いでしょう。     慣れてくると「もっと飛ばしたい」「もっと高感度に」などといった思いが出てきます。 それに答えてくれるのがPEライン(ピーイーライン)です。 ポリエチレンの繊維を編んで作られたラインで細くても高強度なのが特徴です。 比重が軽く水に浮きますが最近は高比重PEラインも登場してきました。 PEラインには弱点があり、それは「伸びない」と「結束強度は低い」というものです。 それを補うためにリーダーというナイロンやフロロラインの部分を作ることでクッション性と結束強度を確保しています。 PEラインとリーダーを結ぶ方法はいくつかありますが、どれも最初は難しく感じるかもしれません。 いくつか ...

海釣り

サビキを沖に飛ばして大物ゲット!「遠投サビキ」

投げサビキよりもさらに遠くを狙う遠投サビキは20~80mくらいの沖を狙う釣り方で、大きなアジ・サバや小型の青物を釣ることが出来ます。 初心者からベテランまで幅広い層にマッチしていて、新鮮な回遊魚を狙ってみたい方に特におすすめです。 特に11月~3月頃は良いサイズのアジとサバが釣れやすいベストシーズンです。 他の時期でも何かしら釣れます。   遠投サビキで釣れる魚 アジ(中~大)、サバ(中~大)、イナダ、イサキ、カマスなど   遠投サビキの基本的な仕掛けとタックル ウキは遠投用のミサイルのような形のものを使用します。 羽が飛ぶ時の姿勢を安定させて風の抵抗を軽減し、着水後は見やすい目印になります。 思いっきり投げるのでウキ止め糸を2箇所に巻いておくとズレにくいです。 浮力は8~12号あれば大丈夫です。 ウキが見えづらい場合はもう少し大きなウキを使うこともできます。 エサカゴは上につける方法と下につける方法があり、それぞれ利点があります。 下カゴは重心が一番下なので投げやすく、よく飛び、絡まりにくいです。 上カゴは重心が不安定なので少し扱いにくくなりますが、エサをサビキの周りに漂わせやすいです。 慣れてない場合は下カゴから、慣れたら上カゴに挑戦してみて自分にあった方法を見つけてください。   ポイント選び 外海側が最も適していますが、潮がちゃんと流れていれば湾内でも釣れます。 外海に近い堤防、地磯、砂浜などの急に深くなっているところが特にオススメです。 それ以外のポイントでも魚が回ってくれば釣れます。 朝マズメと夕マズメがゴールデンタイムで、この時間だけ釣りに来てクーラーを満タンにして帰る方もいます。   釣り方 エサを詰める 仕掛けを作ったらエサを入れます。 エサはアミエビが一般的で必要に応じて市販のエサを混ぜる方もいます。 解凍しきっていなくてもカゴに入れば大丈夫です。 よく八分目までと言われますが、これは下かごの場合に特に有効で、着水後にエサが全て出ます。 たくさん詰めると重さでよく飛びますが、固まってエサが出にくい事があります。   投げる 沖に向かって投げます。 45°の角度が最も飛距離が出ます。 竿と仕掛けが長いので後ろに人や物がないか確認してから投げましょう。   アタリを待つ ウキを見て待ちます。 海中に引き込まれたら竿を立ててアワセをし、一気に巻き上げます。 数匹一気にかかることもあり、「もう少し待つともっと掛かるのでは…」と思うかもしれませんが、その頃には最初の魚が逃げているので1匹づつでも上げるべきです。   さいご ...

海釣り

海釣りの定番!アジの釣り方

アジ(マアジ) 出世名:豆アジ(6cm未満)、小アジ(6~14cm)、中アジ(15~29cm)、尺アジ(30~34cm)、大アジ(35cm~) 地方名:アジゴ(豆~小アジ)、アヅ、ホンアジ、鬼アジ(大アジ) 生息地:日本各地の沿岸から沖合 大きさ:最大50cm 仕掛け:サビキ、胴付き、ウキ釣り、ワームなど よく釣れる時期:6月~12月 成長とともに生活圏が変わり、小さいものは沿岸部、大きなものは沖を回遊しています。 堤防などから狙うなら20cm前後が一般的に良型と言われ、環境によってはもう少し大きなものも釣れます。 足元を狙うサビキ釣りでは豆アジ~小アジクラスの小さなもの、少し投げる投げサビキでは少し大きな小アジ~中アジが釣れ、潮通しの良い外海に面したポイントで遠投をすると尺アジやそれ以上のものが釣れることがあります。 一般的にサビキか専用のソフトルアー(ワーム)で釣ることが多く、ソフトルアーを使った釣り方は「アジング」というジャンルを確立しています。   アジ釣りの基本的な仕掛けとタックル アジはサイズや場所によって様々な釣り方があります。 1つのページでは網羅しきれないのでサイズや釣り方別で分けました。 豆アジ~小アジ 最も基本的な釣り方です。 エサかごにアミエビを入れて沈めるだけなので初心者でもたくさん釣れます。 サビキ釣りに関する記事   小アジ~中アジ 少し投げることで少し大きなものを狙うことができます。 通常のサビキ仕掛けにウキを付けるだけなので手軽です。 サビキをしながら気分でやってみても良いでしょう。 投げサビキ釣りに関する記事   中アジ~大アジ 遠投することでさらに大きなものを狙うことができます。 特に秋~冬はベストシーズンです。 遠投サビキ釣りに関する記事   小アジ~中アジをソフトルアーで釣るアジング ワームを使う利点は道具がコンパクトでエサの準備が要らないことです。 仕事帰りや出かけついでに釣りに行くことができます。 アジングに関する記事   料理 アジフライ 豆アジの素揚げ アジの塩焼き アジの酒蒸し   さいごに アジは食卓でも馴染み深い魚です。 アジ釣りであれば世の中の釣りキチの皆さんも奥様の理解が得やすいのではないでしょうか? 家族連れでも楽しめる釣りなので、海辺の旅行の時などはぜひやってみてください!  

海釣り

ハゼの釣り方

ハゼ(マハゼ) 出世名:デキハゼ(7-10cm)、彼岸ハゼ(15-18cm)、ケタハゼ(20-25cm) 地方名:カワハギ、オチハゼ、オカンバ 生息地:北海道南部以南~種子島の沿岸部 大きさ:最大30cm 仕掛け:ウキ釣り、ミャク釣りなど 釣れる時期:7~10月 成長とともに生活圏が変わり、早春に生まれて成長したデキハゼ(当歳魚)が7~10月の夏場に河口、湾内、砂浜、堤防などの水深が浅いところで釣れ、秋には沖に移動していきます。 底が泥や砂になっている所を好み、イソメなどのワーム類を好んで捕食しています。 注意 同じハゼ科で紀伊半島~琉球列島の太平洋側に生息するツムギハゼには毒があります。   ハゼ釣りの基本的な仕掛けとタックル ハゼは小さな魚なのでシンプルな仕掛けの方がアタリがわかりやすいです。 リールのついていない延べ竿でも容易に釣ることができます。 ウキ釣り あまり釣りをしたことがない方の場合はウキ釣りがオススメです。 ウキが動いたら竿を立てるだけなので簡単です。   ミャク釣り(脈釣り) 水深がわからない所やいろいろな所を探りたい場合はミャク釣りがオススメです。 慣れるとウキ釣りよりもハイペースでたくさん釣りやすくなります。     必要な道具 釣り竿 浅場なら2~3mの渓流竿(延べ竿)で大丈夫です。 磯竿を持っているなら流用することもできます。 ライトタックル用のリール竿でも一応釣れます。   リール 渓流竿(延べ竿)の場合は不要です。 磯竿の場合は2000番~2500番程度が使いやすいです。 道糸は1.5号~2号くらいのナイロンラインいいですが、初心者の場合は2.5号~3号が結びやすいかもしれません。   仕掛けセット 市販の仕掛けの中には針に糸が付いたものだけではなく、道糸から釣り針まで付いていて竿に結ぶだけで釣れるものもあります。 仕掛けが作れる自信がない方はまずこれを買ってみて使うと良いでしょう。   クーラーボックス 鮮度保持に必須です。 水汲みバケツに入れることもできますが、慣れるとたくさん釣れるので用意しておくべきです。 大きな魚ではないので小型のものが適しています。   水くみバケツ エサ釣りなので手を洗うのに必要です。 気にならない方はウエットティッシュでも構いません。   ペンチ・ハサミ ペンチはハリを外したりガン玉を潰したりするのに必要です。 先の細いラジオペンチのようなものが使いやすいです。 工具用は一瞬で錆びるので必ずステンレスや防錆加工されたものにしましょう。 ハサミは釣り糸 ...

海釣り

サビキを投げて釣れる魚をサイズアップ!「投げサビキ」

投げサビキ(飛ばしサビキ)はサビキ釣りの仕掛けにウキを付けて10~20m先を狙う釣り方です。 足元から数十メートル離れるだけで足元を狙うサビキ釣りよりも大きな魚が釣れやすくなります。 ウキをつけるのでアタリがわかりやすく、根掛かりすることもありません。 サビキ釣りに慣れてきて少し大物を狙ってみたい方に特におすすめです。   投げサビキで釣れる魚 アジ(小~中)、サバ(小~中)、イワシ、カマスなど   投げサビキ釣りの仕掛けとタックル 通常のサビキ釣り仕掛けの上にウキとウキ止め糸を追加したものです。 ウキの浮力は6~10号程度あれば大丈夫で、あまり大きなウキはアタリがあっても沈まないので使えません。 海のウキは深いところにも沈められるよう「遊動式」がよく使われます。 仕組みは単純で、穴の空いたプラスチックの部品を道糸に通してスライドさせています。 そのままではウキが止まらないので、ウキ止め糸やウキ止めゴムで沈める深さを調節します。 ウキによってはプラスチックの部品ではなくサルカンが使われていることもあるので、その場合はシモリ玉をウキとウキ止め糸の間に通します。 通常のサビキ釣りと同じく、エサカゴを上に付ける方法もあります。   ポイント選び 堤防や漁港が適しています。 漁港で釣る場合は必ず船から離れたところで釣りましょう。 朝マズメと夕マズメがゴールデンタイムです。 この時間だけ釣りに来て、小型のクーラーを満タンにして帰る方もいます。   釣り方 エサを詰める 仕掛けを作ったらエサを入れます。 エサはアミエビが一般的で必要に応じて市販のエサを混ぜる方もいます。 解凍しきっていなくてもカゴに入れば大丈夫です。 よく八分目までと言われますが、これは下かごの場合に特に有効で、着水後にエサが全て出ます。   投げる 正面に向かって投げます。 45°の角度が最も飛距離が出ます。 竿と仕掛けが長いので後ろに人や物がないか確認してから投げましょう。   アタリを待つ ウキを見て待ちます。 海中に引き込まれたら竿を立ててアワセをし、一気に巻き上げます。 数匹一気にかかることもあり、「もう少し待つともっと掛かるのでは…」と思うかもしれませんが、その頃には最初の魚が逃げているので1匹づつでも上げるべきです。   さいごに 投げサビキは通常のサビキ仕掛けにウキを付けるだけの手軽な仕掛けですが、その効果は大きいです。 サビキ釣りに慣れたらぜひ挑戦してみましょう!  

海釣り

海釣りの基本「サビキ釣り(堤防)」

サビキ釣り胴付き仕掛けの1種で一本の長い糸(幹糸)に小さな疑似餌が複数付いた仕掛けです。 誰でも手軽にたくさんの魚を釣ることが出来る釣り方で、釣り方も簡単なため初心者や子供でも確実な釣果が期待できます。 家族連れで賑わうようなメジャーなポイントで釣りをしている人を見ていると大半はこの釣り方です。 この釣り方の主なフィールドとなる海辺の舗装された岸壁部分は足場が安定しており、場所によっては柵や車止めが設置されているため気軽で安全な釣り方といえます。   サビキ釣り(堤防)の基本的な仕掛けとタックル かごの付け方によって3種類あります。 下かご式 地域を問わずサビキ釣りといえばこれが一般的です。 エサかごを仕掛けの下につけるため全体の重心が先端なので扱いが容易です。   上かご式(下オモリ式) エサかごを仕掛けの上につけるので少し複雑になり、重心が2箇所にあるので絡まりやすくなります。 しかし、エサかごを少し振るだけでエサが出て疑似餌の周りに沈んでいくので短い竿や水深が浅いポイントでも効果的です。   かご無し 仕掛けと小さなオモリのみでエサかごを付けません。 コマセを打たないといけませんが、仕掛け全体が最も軽いのでアタリがわかりやすく、錘負荷1~1.5号の柔らかい磯竿やのべ竿でも使うことが出来ます。 浅いポイントやサヨリなどの表層を泳ぐ魚に有効です。   釣れる魚 小アジ、小サバ、サッパ、サヨリ、アイゴ、ベラなど 外道としてクサフグ、ボラ、コトヒキ、黒鯛(稚魚)、石鯛(稚魚)、ゴンズイなどがよく釣れます。   市販の仕掛け     必要な道具 釣り竿 竿による釣果の違いはそこまで大きくありませんが、長さ「3.6~5.4m」、錘負荷 「2~3号」の磯竿が一般的です。 初心者や子供では長い竿は慣れてないと扱いづらいかもしれませんので2~3mのルアーロッドでも大丈夫です。 最初に試す程度であれば安価な2~3m程度のセット竿でもそこそこ釣ることが出来ます。   リール そこまでの大物はかからなく、リールによるアクションも加えない釣り方なのでエントリークラスで問題ありません。 2500番~3000番程度のスピニングリールが適しています。 ラインは2~3号のナイロンラインを100m程度巻ければ大丈夫です。   仕掛けセット サビキ仕掛けは1m程度の疑似餌が複数付いた部分と、その上か下に付けたエサかごで構成されています。 疑似餌の部分はアミエビを模したピンクスキンや、蛍光、ケイムラなどの種類があり、条件によって釣果に差が出ます。 ...

新しい釣り場情報

滋賀県

釣り場情報【帰帆北橋 北側】

釣り場の情報 所在地:滋賀県草津市南山田町 駐車場:無し トイレ:無し 仕掛け:ルアーなど 釣れる魚:ブラックバス(オオクチバス、コクチバス)、ブルーギル、コイなど 撮影日時:2018年11月11日 15時頃 注意ポイント ・ゴミは全て持ち帰りましょう。 地形・釣れる魚 湖岸道路の草津側と矢橋帰帆島をつなぐ帰帆北橋の北側です。 水門が近い事もあって魚影もそこそこあります。   橋の下も安定した足場が続いていて反対側に回ることが出来ます。   週末には橋の下から水門にかけて等間隔で人が並んでいるのをよく見かけます。 一日中誰かが投げているハイプレッシャーなポイントなので探り方をいろいろ変えてみると反応が変わるかもしれません。   その他の情報 駐車場が近くにないので山田第1樋門の陸側に車を止めている人が多いです。 スペースは広くないので満車時は諦めましょう。   アクセス     

滋賀県

釣り場情報【鮎家の郷 周辺】

釣り場の情報 所在地:滋賀県野洲市吉川 駐車場:無し トイレ:無し 仕掛け:ルアーなど 釣れる魚:ブラックバス(オオクチバス、コクチバス)、ブルーギル、コイなど 撮影日時:2018年11月10日 10時頃 注意ポイント ・ゴミは全て持ち帰りましょう。 地形・釣れる魚 主なポイントは鮎家の郷の近くの長い浜辺と、そこから北へ歩いた所にある船着き場と岬です。 鮎家の郷の近くの浜辺 鮎家の郷の前から北の船着き場まで続く道には柵があります。 水深はあまり深くなく、所によっては砂浜になっています。   低い柵がどこまでも続いています。 台風の影響で木が倒れているところもありますが道は続いています。   北の船着き場側から鮎家の前あたりを見た写真です。 水面までは柵を含めて2mもありません。   船着き場側 この辺りの方が水深があって釣りがしやすいです。 主なポイントは船着き場の周りと岬の先端までのエリアです。   船着き場 この規模の港は閉鎖されていることが多いですが、ここでは入ることが出来ます。   岬へ続く道 ここを通って岬に行けます。 ネットの隙間は意外と大きくつまづきやすいので気をつけて下さい。 途中で茂みが途切れているのでそこから投げることも出来ます。   岬でも全天球撮影を行いました。 足場は平らな石が多いので比較的安定しています。   その他の情報 この辺りは昔から有名なポイントです。 オカッパリだけでなく船で行く方も多いです。   アクセス     

滋賀県

釣り場情報【矢橋大橋 西側】

釣り場の情報 所在地:滋賀県草津市矢橋町 駐車場:有り(公園駐車場) トイレ:有り(公園用) 仕掛け:ルアーなど 釣れる魚:ブラックバス(オオクチバス、コクチバス)、ブルーギル、コイなど 撮影日時:2018年11月11日 16時頃 注意ポイント ・ゴミは全て持ち帰りましょう。 地形・釣れる魚 矢橋帰帆島に掛かる3本の橋の1つ矢橋大橋 どの橋の下にもたいてい人が居てここも同様です。 足場がよく手入れが行き届いているため初心者でも釣りやすいポイントです。 場所によっては頭上に枝葉が来るのでランガンの際は要注意です。   橋の北側 足場の良い環境が続いてるので一歩づつあるきながら探っていくのも面白いかもしれません。 地上側に目立った目印は無いので人が集中することもありません。 生命反応は所々でありブルーギルが泳いでいるのを見ることが出来ます。   人懐っこい野良猫が釣果を期待しています。 餌やり禁止の看板がないためか栄養状態は良さげです。   橋の根本のはどちら側からも登ることが出来、島側を向いて左の坂を登ると公園に通じています。 反対側の坂を登ると橋の上の道に出ます。   公園にはトイレも有り、女子・身障者・男子・女子という不思議な並び方をしています。   その他の情報 矢橋帰帆島は埋め立てて作られた人工島です。 南側は公園になっていて北側には下水処理場があります。 よく手入れされているので散歩するだけでも気持ちのいいポイントです。 緩やかな芝生の土手や男女別のトイレもあるのでカップルや家族連れで来ても良いでしょう。 歩いて回れる島なので1日かけて島を回りながら釣っても楽しそうです。 ※柵を越えると岸壁になっているので転落には注意して下さい。   アクセス     

滋賀県

釣り場情報【ピエリ守山裏】

釣り場の情報 所在地:〒524-0101 滋賀県守山市今浜町 駐車場:無し トイレ:無し 仕掛け:ルアーなど 釣れる魚:ブラックバス(オオクチバス、コクチバス)、ブルーギル、コイなど 撮影日時:2018年11月10日 12時頃 注意ポイント ・ゴミは全て持ち帰りましょう。 地形・釣れる魚 琵琶湖大橋東側にある大型ショッピングモール「ピエリ守山」 かつては廃墟モールとまで呼ばれてましたが、2014年のリニューアルオープン以降は賑わっています。   ピエリ守山の裏は琵琶湖に面していています。 買い物ついでに散歩に寄ったりしている方も居ますが、アングラー(釣り人)も多いです。 遊歩道から水辺まで傾斜がゆるやかで雑草もそこまで多くないので入りやすいです。   少し北に歩くとサーフ(砂浜)もあります。 この近辺でウェーディングするならここが一番しやすいです。 ここから第一なぎさ公園付近まで1kmほどランガンポイントが続いています。 ※途中に「ピエリ守山港」という港があるのですがこの中に立ち入ることは出来ません。   南側を見渡すと琵琶湖大橋が見えます。 橋までは草の間から投げられるところもあるのでランガンも出来ます。   ピエリの南側には港があり、漁船が係留されています。 係留ロープにルアーや仕掛けが引っかかると漁業に支障が出るので、漁船の辺りでの釣りはするべきではありません。   その他の情報 北湖の湖東側の最南端ポイントです。 小物が多めですが少し沖に投げると良型が狙えます。 遠浅になっているエリアもあるのでウェーディングも有効です。 遊歩道は徒歩・自転車のみで入ることが出来、車で入ることは出来ません。 バイクなら湖岸道路から押して入ることも出来ます。 隣が県内有数の大型ショッピングモールなので週末は「旦那は釣り、嫁さんは買い物」なんてパターンもあるかもしれません。   アクセス  

福井県

釣り場情報【福井県 白木漁港・白木海水浴場】

釣り場の情報 所在地:福井県敦賀市白木1丁目 駐車場:有り(海水浴シーズンのみ有料) トイレ:有り(2箇所) 仕掛け:ルアー、サビキ、フカセ、落とし込み、ミャク釣りなど 釣れる魚:アジ、チヌ、セイゴ、ヒラメ、アコウ、カサゴ、アオリイカなど 撮影日時:2018年10月25日 17時頃 注意ポイント ・漁業の妨げにならないよう注意しましょう。 ・ゴミは全て持ち帰りましょう。 地形・釣れる魚 漁港内側 水の透明度が高く、天気のいい日には水中の魚群がよく見えます。 磯場が近いためグレやサンバソウ(石鯛の稚魚)も群れで泳いでいます。 水深は深いところで5m前後あり、漁港入口側に行くほど浅くなります。 船着き場は岸壁から水面までの距離が近いためタモ網は伸縮式でないものでも使えますが、堤防の沖側は一部が高くなっているため伸縮式が必要です。 アオリイカとアコウ(キジハタ)がよく釣れるポイントで他県からわざわざ足を運ぶ方もよく居られます。 どちらも湾内で狙えますがアオリイカは夜の方が適しています。 秋イカのシーズン(9月~11月頃)になると夜釣りに来る方も増えてきます。 常夜灯は山側に1つだけあります。 秋イカのシーズンのある夜(平日0時頃) ※写真左下の黄色いブロックより奥は車止めがないので車で入るのは危険です。   外海側 当サイトではテトラポッド(消波ブロック)上での釣りを推奨していません。 テトラが大きいので危険ですがそれでも釣り人に人気です。 シーズンになると昼間にアオリイカを狙っている方やショアジギングをしている方をよく見かけます。   砂浜 こちらでもアオリイカやカレイが釣れますが、100mほど沖に遊泳区域を区切るロープが浮いているので遠投は出来ません。 海水浴向けのエリアなので釣りはしづらいです。   その他の情報 堤防から見える高速増殖炉もんじゅ 高速増殖炉もんじゅのすぐ横にあり、もんじゅが関係するニュースの映像もよくこのポイントで撮影されています。 海水浴場としても知名度が高く、夏になると多くの人で賑わいます。 釣りをして泳いで帰る事もできるので家族旅行にも良いところだと思います。 釣りに適しているのは漁港内側です。 漁業の妨げにならないよう配慮しながら楽しみましょう!   アクセス    

福井県

釣り場情報【福井県 敦賀新港】

釣り場の情報 所在地:福井県敦賀市鞠山95−4 駐車場:有り(90台程度) トイレ:有り(2箇所) 仕掛け:ルアー、サビキ、フカセ、ヘチ釣り、落とし込み、ミャク釣りなど 釣れる魚:アジ、イワシ、サヨリ、チヌ、セイゴ、ヒラメ、アコウ、サゴシ、カマス、アオリイカ、タコなど 撮影日時:2018年10月8日 7時頃 注意ポイント ・混雑時は違法駐車が目立ちます。駐車スペース以外には絶対に停めないでください。 ・公共の場です。ゴミは全て持ち帰りましょう。 ・大勢の方が利用しているので投げ釣りなどは周囲の安全を確認してから行ってください。 ・場所取り目的でクーラーやバケツを置いてその場から長時間離れるのは悪質な迷惑行為です。 地形・釣れる魚 外海川の岸壁 外海川の全長約285mに及ぶ外海川の岸壁には転落防止柵が設置されています。 時期にもよりますが、サビキ釣りでアジ、イワシ、サヨリなど、 フカセやヘチ釣りでチヌ、セイゴなど、 底を狙うとヒラメ、アコウなど、 ライトショアジギングやジグサビキではサゴシやカマスなどが釣れます。 水深は足元から深いので投げなくても釣ることが出来ますが、足元から10~20m沖までのエリアは底に護岸用の金網のような物が設置されているようで根掛かりしやすいです。 それ以上沖は砂地なので底物を狙う釣りでは沖を狙った方がいいです。 サゴシがよく釣れるポイントとしてジギングも盛んですが、このときも手前で沈めると危険です。 短めの太い竿に中くらいのベイトリールを付けてランガンしている方はタコ釣りです。 ファミリー層が多くサビキ釣りが盛んなため海底に小魚だけでなく蟹や海老も多くそれを求めてタコが寄ってきているようで、タコの釣果も定期的にあります。 足場から海面まで高さがあり、さらに柵もあるため、タモ網を使う場合は5m以上が適しています。   西側には沖に続く突堤がありますが立入禁止となっており頑丈な柵が設置されています。 柵もなく大変危険なため時期を問わず入ることは出来ません。 特殊な方法で入っている方もいますがリスクが高く、さらに不法侵入になるため絶対に真似しないでください。   内海側 内海側にも柵付きの釣り場があり、こちらは根掛かりしづらいので投げ釣りに適しています。 また、突堤のおかげで水面も穏やかなためウキ釣りやライトタックルでの釣りもしやすいです。 サビキ釣りでアジ、イワシ、サヨリなど、 ウキ釣りでチヌやセイゴなど、 さらに、エギでアオリイカを狙うことも出来ます。 足場の形が少々特殊なため入れる人数には制約があります。   フェリーターミナル側 内海ということ ...

釣り場情報

ポイントA

釣り場の情報 所在地:福井県敦賀市○○○○○ 駐車場:有り(40台程度) トイレ:有り(2箇所 男女別) 仕掛け:ルアー、サビキ、フカセ、ヘチ釣り、落とし込み、ミャク釣りなど 釣れる魚:アジ、イワシ、チヌ、セイゴ、ヒラメ、アコウ、サゴシなど 注意ポイント ここは漁業のために作られた施設です。 漁業の妨げにならないよう注意して下さい。 ○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○ ○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○ ○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○ ○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○ ...

 

Copyright© 魚釣り.jp , 2019 All Rights Reserved.